FC2ブログ

ヘレン・シャルフベック

梅雨明けた。
と、おもったら、連日の危険なまでの猛暑。
昼過ぎなんて、本当に強烈・・・。
お年寄りや外猫さんたちが気になります。

今日は気温が少し低かったし、
もう会期が終了してしまう!と滑り込みで行ってきました。
ヘレン・シャルフベック展。
藝大の美術館だったので、上野公園を通っていきます。
やっぱり緑があるって涼しい!!

この辺りはいろんな美術館が沢山あって
画像だと読めないけど、、、こんな地図が。

map


到着。


SCHJERFBECK

シャルフベックの個展、大規模なものは日本では今回が初めてだそうです。
フィンランドの画家さんです。

トーベ・ヤンソンの油彩を見たときもそうでした。
シャルフベックも、やっぱり色がとても好きでした。
少しくすんだ淡いトーン。
グレイ調の黒
サーモンピンクともいえないくすんだ淡いピンク
白〜グレイが混ざったような水色
赤もくすんでる。

やっぱりそういう色調が自分には肌馴染みがいいのだな。
原色とかちょっと苦手だもんな。と改めて。


シャルフベックは研究熱心で
とても真面目な人だったんだろうなと感じました。
そして描くこと、生きることがすごく直結していて、
女性だからか(?)妙に共感できる部分もあって。
生涯、自画像をたくさん残しているのですが
晩年は療養ホテルで暮らし、生涯を終えたそうで
その2年間に20点以上も自画像を描いています。

老いてゆく姿を美化することなく描かれた自画像。
うまれてくることと死ぬことは
誰しもにセットでもれなくやってきますが
体力も衰えて死へ向かっていっているのであろう自分の顔を見つめて
この点数を。どんな想いだったのかな。と考えるとちょっと切なくなったり。

最晩年に知人に出した手紙には
「描き終えてしまったとは感じてないわ。
ただ疲れているだけ。
それでもまだ描いているし
何かいい絵を描くつもりよ。
私の最後の作品を。」
とあったそうです。

ポストカード、左上は18歳の頃に描いたもの(!)
すごい・・・。

SCHJERFBECKpostcards



スポンサーサイト



  1. 2015/07/23(木) 23:02:55|
  2. 展示
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<桃パスタ | ホーム | 七夕>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://minachape.blog.fc2.com/tb.php/75-9e0a6cd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)