FC2ブログ

mina perhonen

数日前、とても楽しみにしていた
スパイラルで開催中のmina perhonenの展覧会に行ってきました。
1階には家具が展示されていて、
そこですでに鼻血が出そうなくらいテンションが上がってしまいました。

展示もとても充実していて、
これまでのお洋服を着ているボディも沢山。
そこにはスクリーンが3つ横並びになっていて、
時系列は同じ、違う場所が映し出されています。

ひとつはmina perhonen(会社内・皆川さんとスタッフさんの仕事場)
ひとつは工場
ひとつはmina perhonenのSHOP

仕事のスタートから終わりまでの一日を同時に映しています。
それがとても素晴らしくて。

デザインを考える人
刺繍や織りやプリント工場でテキスタイルを作る職人さん
出来上がったものをSHOPで販売する店員さん

いろんな職業の人たちの手をリレーして
ひとつのものが出来上がり、人の手に渡っていく。

職種に上下なく、
それぞれにやるべきことがあり
お互いがいなくては物が生まれない。という関係性が
あってほしいなぁと個人的に考えているので
皆川さんの思いや実際にそれを実現しているという部分
とても尊敬しています。

このスクリーンにはその思いが込められていました。

minaの服は気軽に買えるお値段ではないけれど、
手作業で丁寧な行程を経て、
泣く人がいない適正の価格がつけられていて、
お客様はその部分も納得して購入される。

そういう形は気持ちのいいものだよなぁと思います。

以前にこのブログでも書きましたが
工場見学に行った時、
技術をつなげていかなくてはいけないのに・・・
どうしたらいいのだろうか。
と、もどかしい気持ちになりましたが
皆川さんはそういうことも含めて
お洋服を作られているので
ほんとうにすごいなぁ。と思うのです。

真面目に書いてしまったけど、
展覧会はその場にいるだけで
ひたすら心躍るのです!

テキスタイルの織りや刺繍、
触ったときの質感、
原画の空気感
展示の仕方
どれをとってもほんとうに素晴らしくて
会期中、もう一度行っちゃうと思います。

こちらの本、すごくサラサラと読めるけど、
わたしにとって、ものづくりするにあたり、
大事なことがたくさん詰まっていました。

minabooks


こちら会場で販売していたメモパッド。
かわいいなぁ。

minamemo




スポンサーサイト



  1. 2015/05/29(金) 15:17:06|
  2. 展示
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ある休日 | ホーム | ルネ・マグリット>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://minachape.blog.fc2.com/tb.php/67-c2f2d79f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)