FC2ブログ

ルネ・マグリット

少し前になりますが、
「マグリット展」へ行ってきました。


magritte01


国立新美術館はとても気持ちのいい場所で好きです。

ルネ・マグリットは子供の頃から好きな画家でした。

magritte02

小学生かな、中学の頃かな、
ちょうどこの画像の上のポストカードの絵柄のメモ帳をもらって
ものすごく衝撃的でした。
自分の好きな世界だ、と子供ながらに思いました。

特徴であるこの帽子も好きなモチーフですが
マグリットの描く雲も好きです。

展示は、年代ごとに順を追って作品を観られるようになっていました。
若い頃はグラフィックデザインや広告の仕事もしていたようです。
私はそういう背景のある画家が好きなようです。
感覚的に、いいな。と思った画家を調べてみると
グラフィックの仕事もしていた、ということが多々あります。

私自身グラフィックもやり、絵も描いていて、
それが果たしていいのか?悪いのか?どうなんだろう?と悩む時もあるんですが
そういうときは、悪くもないか?と少し思えたりします。
(真逆に思うこともあるけれど)

話がそれちゃいました。
マグリットの絵は、戦争があった時期、
それまでのタッチと変わっていて
私にはぶつけようのない怒りのようなものが筆先から発せられたように
見えるものもありました。
望んでいない戦争に巻き込まれて人生が変わってしまう。
当時の人たちはみんなそうだったのだろうなぁ、
そんなのたまらないよなぁ。と思いました。

晩年の作品はとても見応えがありました。
絵自体も、もっとこじんまりしているのかと思っていたのですが
大きくて、意外でした。

専用のアトリエを持たず、台所の隅で描いていたとか、
スーツにネクタイという姿で描いていたと言われていますが
筆のタッチを見ていると、とても生真面目な性格だったのではないかなぁと思います。
真面目に丁寧にあの不思議世界を作り上げていったのかと思うと、
なんだかとても惹かれます。




スポンサーサイト



  1. 2015/05/26(火) 00:04:59|
  2. 展示
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<mina perhonen | ホーム | ホオジロカンムリヅル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://minachape.blog.fc2.com/tb.php/66-6bbf92da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)