FC2ブログ

ロベール・クートラス

10日ほど前、ロベール・クートラス展を見に行ってきました。

クートラスはカルトというカードを制作していて
表紙にもある(上部)そのカードに興味を持ち、以前この本を購入していました。


coutelas


実物が見れるなんて。と松濤美術館へ。

画廊と契約しても方針が合わずに辞め、
困窮した中でカルトを制作していたクートラス。
キャンバスが買えなくて、拾って来たボール紙で作り始めたカルト。
生涯で6000枚も制作したそうです。

塗り重ね、わざと汚しを入れたり、部分的に削いでいるような所もあったり。
味わいがあり、思わず微笑んでしまう表情のモチーフたち。

奥のほうへ行くと、グアッシュで描いたという絵が並んでいた。
本に書かれていた、クートラスの友人が印刷屋が捨てたものだ
と言って持って来てくれた未使用ポスターの
裏面に描いたという絵も展示されていた。

グァッシュで描かれたものは「僕のご先祖様」とよんでいたそうだ。
ご先祖様たちの色彩がほんとうに美しくて、離れたくなくなってしまった。
あんまりこんな風に感じたことはないのだけど、なんだか共振したような気持ちになった。
名残惜しく、ずっとそこにいたかった。

その日は結構な雨が降っていて、なんだかそれがすごく合っていた。
雨が好きっていうわけではないけれど、
晴天・南国・原色〜という雰囲気よりも
トーンダウンしたような静けさや、くすんだピンクやブルーグレーはしっくりくるなぁ。
なんて思いながら、渋谷の駅まで歩いた。

帰宅してから、本を開いた。
随分前から持っていたくせに、ぜんぶちゃんと読んでいなかったから。
それから数日にわけて大事に読んだ。
この本は岸真理子・モリアさんというクートラスを良く知る方の書いた本で
クートラスから聞いた出生からの軌跡、
岸さんとクートラスの出会いなどが書かれている。
特に後半、出会ってからの紡がれている言葉が美しくて、
その場面、場面が匂い立つようで
うっとりしたり、大泣きしたりしながら読み終えた。



毎晩、1枚。というように作っていたカルト。
だから「僕の夜」とよんでた。
漆黒の夜に自分と向き合って生まれてくるカルト。

亡くなったクートラスが作品を託したのは
この本を書かれた岸真理子さん。
「包括受遺者」といって、
本人が売ることも散逸させることもできないというものらしい。

「売るため」の絵というのは、彼のほんとうではなかったのだろう。
でも、おなかをすかせているという話や冬の寒い部屋を想像すると切なかった。

そして昨日、再びクートラスの絵に会いに行った。
作品に囲まれて、安堵感のような幸せな気持ちになった。
優しさがそこ、ここに漂っていた。
岸真理子さんのことも想った。
そうか、この心地よさ、岸さんの存在もとても大きいんだな。
岸さんて、素敵な人なんだろうなぁ。

この本はこの先もまた何度も読むと思う。
巻末にパリの地図が載っていて、文中に出てくる場所が記されているので
今度パリに行くことがあったら辿りたいと思う。

クートラス展、15日まで開催しています。



スポンサーサイト



  1. 2015/03/13(金) 23:27:09|
  2. 展示
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マルタのやさしい刺繍 | ホーム | 猫おばさん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://minachape.blog.fc2.com/tb.php/56-1f15ebff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)