FC2ブログ

アレハンドロ・ホドロフスキー監督

先日、武井武雄さんのことを書きました。
今日は励ましをくれた存在、第二弾。

アレハンドロ・ホドロフスキー監督です。

今年の夏はホドロフスキー監督にどっぷりでした。
「ホドロフスキーのDUNE」に「リアリティのダンス」。
特に「ホドロフスキーのDUNE」はオススメです。
(リアリティのダンスは描写が過激な部分もあるので苦手な方もいらっしゃるかも・・・)


panflet


こちらはドキュメンタリーで、過去に企画した映画が
撮影前に頓挫してしまった。
その未完の伝説の映画をエピソードとともに振り返るというもので
これがほんとうにすごい。
当時最先端と言われていた特殊効果使いの技術者に対しても
態度が失礼だ、彼は魂の戦士じゃない。君とは仕事はできない。と帰ってきたり、
音楽を頼もうと会いに行ったピンクフロイドがこれまたよろしくない態度でいると、
ビッグマック喰ってる場合か!と一喝したとか。
笑って泣けるんです。
また観たい!
DVD発売になったら即購入して絶対ループで観ちゃう。

youtube
映画『ホドロフスキーのDUNE』予告編
http://youtu.be/r-cnFoqfJfI

ホドロフスキー監督の
熱量が
命を懸けている姿が
信じて疑わない真剣さが
目の輝きが
観ている人を惹き付けるのです。

御歳85歳とは思えません。
カードを作っている時もピンチの時、諦めてなるものか。と
彼からにじみ出る力強さに、深みに勇気と励ましをもらいました。

ホドロフスキー監督はいろいろな面をお持ちです。
映画監督、脚本家(マルセルマルソーにも書いていたとか!)
絵も描かれるし、心理療法を考案したり、タロットにも造詣が深いとか。
アファメーションカード見てもらいたいなァ。。

現在「リアリティのダンス」パート2の脚本を執筆中とか。
監督、次はどんな魂の物語なの?
楽しみにしています。


スポンサーサイト



  1. 2014/08/28(木) 23:33:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<オートミール | ホーム | ライフアファメーションカードについて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://minachape.blog.fc2.com/tb.php/13-a0394d87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)