スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

庭師のバーム

ここ数年、冬になると親指の皮膚のぱっくり割れが頻発。
ペンを持つ手に力が入るとイテテテ。となっていました。

ハンドクリームを塗るのは苦手だったのですが、
そうも言っていられなくなりいくつか試している中、

この「クヴォン・デ・ミニム」の庭師のバーム。
私にはすごく効きました。
塗った翌日には痛みも収まりました。
日中は洗い物したり、ペンを持ったりするので、就寝時のみ塗布だったのに。
硬めのテクスチャーで、なじみも良いのでベタベタもさほど気にならず
香りもとても良いです。
ケイ(猫)が香りモノは嫌がるので、そこだけ気をつけていますが。

他にもスキンケアやヘアケアなどいろいろなラインがあるのですが
どれもパッケージがすごく素敵です。

南フランスのミニム修道院というところでのボタニカル(植物学)がはじまりなんだそうです。


handcream


スポンサーサイト
  1. 2015/01/25(日) 23:34:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イロイロ

今日は何日?と暦を見たら
「1・2・3」でした。(1月23日)
もう月末も近いということか。
今年はブログもどんどん更新しよう!と思っていたのに全然できていないアタス。(私)

日々、地味にコツコツお仕事の絵を描き描き。
そんな中、お祝いの席にお呼ばれの機会をいただき、
母に着物を貸してもらいました。
自分では着られないので、着付けはお願いしましたが
自分でできたらいいなぁ。としみじみ。
帯なんてとてもむつかしそうですけど。
仕上がる前に汗だくになっていそうです。。

歳を重ねるとだんだん着物とか能とか、日本文化にグッと興味が出てきますよね。
10代の頃はドクターマーチンを一生履き続けるんだモンね!と思っていましたが。

翌々日、我が家の猫さんが深夜に突然足元がおぼつかなくなり。
ヨロけていたので、これはまずいかもしれない。
脳の異常とかだったらどうしよう・・・!と、すぐに夜間救急へ。
結局原因はわからず、点滴だけして翌朝かかりつけの病院へ。
もう一歩詳しく検査してみたけど、特に、、、ということで帰宅。

今は何もなかったかのようにスタスタ歩いているけど、何だったんだろう・・・。

ちょうど1年前も彼はこれまでにないくらいものすごい体調を崩して、
このままいなくなってしまうのでは、と激しく動揺。
最終的にはガンセンターにまで。

猫や犬は一緒に過ごせる時間がどうしても短いので大事に過ごしたい。
自分が歳をとったら、家にお招きできなくなるだろうし(じゅうぶんなお世話ができない等)
そう考えると人生で一緒に暮らせる犬猫たちは僅か。
こちらがお招きできるタイミングなんかを考えても、
この巡り合わせはかなり奇跡に近い。
できるだけ、辛いことなく、のほほんと生ききってほしいです。


先日いただいた蜜蝋キャンドル、とても可愛く、とても良い香りです。

applecandle



  1. 2015/01/23(金) 22:46:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フィンランド

今、興味はフィンランドにあります。
中でもサーミ族に目も心も奪われております。

仕事で調べものをしていた昨年12月。
今思えば数年前からサインが出ていたのに
全ての点と線がつながったのは昨年末。

FINLAND_BOOK

この本、とっても写真が美しいです。
表紙の写真に一目惚れ。
中身も森や木の写真とそれにまつわる文章が記されていて、
なかでも私が面白いと思ったのは
「私たちの祖先は、熊と少女の結婚によって生まれた」というもの。
祖先が熊であるという神話はいくつかあるようです。

この本を読んでいても、サーミ族のことを調べてもアイヌに似ているなぁ、
やっぱり寒い国は信仰や自然との寄り添いかた、文化なんかも近いんだなと
ますます気になり出したのです。

本によるとフィンランドではその家、その家に「守護の木」というものがあって
生まれたばかりの赤ちゃんは「守護の木」の幹に手を触れさせられ
死者の身体もまた木の根もとで清められるとか。代々を見守ってくれる木。

そういうのって自分の今の生活にはないんですけど
身体の奥底の感覚でわかるなぁ、、と思います。

共生し、樹木を信仰してきた人たちが昔からいたわけで
いつの間にか人間のほうが偉そうな顔してるけど
引きで見たら、人間なんて自然に生かされてるちっさい存在です。


ここ最近はフィンランドのアカペラグループ「ラヤトン」を延々と聴いています。

http://youtu.be/x2h46DzVA2Q


RADKA TONEFFというシンガーもよかったです。

http://youtu.be/XtgIxU8TCyY


音楽もまた、その土地その土地に民族音楽があって、面白いですよね。
ラヤトンの音楽も聴いていると情景が湧いてきます。
雪の中を歩く姿が。
きっと夏には夏の景色が。

いろんな国の音楽を聴くのは楽しいです。

フィンランド、行きたいなぁ〜。


  1. 2015/01/09(金) 22:17:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
ハローひつじ年。
ひつじさん、人形を作るのに、いつも毛(羊毛)をわけてくれてありがとう。

hitsuji

今日はもう5日ですね。お正月感も薄れてきて
今日から仕事始めの方も多いのでしょうね。

2014年はほんとうにあっという間に過ぎていきました。
年末にさしかかった頃、1年の疲れがドドッと出て「わたしの右側シリーズ」が発動。
何かといいますと、
最終サインのようなプチ不調の症状が全て右側に現れるのです。
指先の腹の腫れや耳の奥やリンパが腫れや痛み、腹痛、そして口唇ヘルペス。
とうとう出たな!のパレード。
このへんが出てくるとアウトー!という声が聞こえてきます。

ここ数年、仕事の繁忙期と年末年始が重なってしまうので
そういえば去年も2日から仕事してたな〜なんて思いながら。
今年は安静にしなくてはと思いつつもこっそり2日から仕事をしつつ
新年を迎えました。

この1年もあっという間に時間が経過してしまうのでしょうね。
今年は自分個人の創作の時間を増やせるように、
そして自分を信頼して揺るがない・ひるまない人になりたいな〜なんて
ひっそりと思いながら新年を迎えました。

ここ最近は、あぁこういうのだったんだ、やりたいことって。
という答えのようなものがまだつかみどころがないけれど
胸元というか喉元というかに霧のごとくうっすらとひろがっていて。

先のことなんてわからないけど、手芸や絵や惹かれる創作を
コツコツやっていればそのうち何か自分にとっての形が見えてくるんだろうなぁ〜
と、ぼんやりと思っています。
楽しみにしています〜(他人事・・・?)

いえ、誰かに言われたからやるんじゃなくて、
自分を信じてやりたいと思ったことを進めていくということが
自分をいちばん尊重してあげられてるんじゃないか、と思うのです。

だから揺るがない人でいるというのは大事なことだなと思うのです。

死んだ時、なにひとつ荷物なんて持って行けないのですから
あの世に唯一持参できる経験というものを今年は沢山したなぁ〜と年末に
思えるような一年にできたらいいなと思います。















  1. 2015/01/05(月) 20:42:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。